業務用エアコンをリースすると工事費用など多額の資金が不要 - 業務用エアコン工事報告書

HOME » 業務用エアコンの工事について » 業務用エアコンをリースすると工事費用など多額の資金が不要

業務用エアコンをリースすると工事費用など多額の資金が不要

店舗や事務所の環境を快適に過ごしやすくするために、業務用エアコンの導入を検討するケースも少なくありません。
ただ業務用エアコンを導入するとなれば、本体の購入費用や工事費用などがかかってくるため、まとまったお金を用意しなくてはなりません。
購入費用や工事費用などにかかるまとまった資金の準備が難しい場合には、エアコンを購入するのでなくリースという選択肢もあるのです。

では、なぜ業務用エアコンをリースで導入するのが良いのかと言うと、それは数多くのメリットが存在しているからです。
リースで導入する業務用エアコンのメリットとしては、先にも触れましたが工事費用など多額の資金を必要としないということです。
通常、店舗や事務所にエアコンを導入しようとすれば、工事費用など多額の資金が必要となりますが、リースなら月々の支払いだけで済むため、事前に多額の資金を用意する必要がなくなります。
そして、それにより購入費用や工事費用に予定していた資金を、その他の運転資金や事業資金として活用することができるのです。

また、リース料金は経費として全額損金処理することが可能なので節税対策として有効ですし、月々一定の費用なので正確にかかる費用を把握することができます。
その為にコストの計算が容易になって、将来発生するコストが把握できることで資金計画も立てやすくなるといったメリットがあるのです。

業務用エアコンも機械ですから年数が経過することで老朽化や陳腐化してしまいますし、それにより効率が悪くなったり故障が多くなったりします。
そうなると必要以上に電気代などがかかることも考えられますし、修理・メンテナンス費用がかかってくることになります。
しかしリースなら期間の更新の度に最新機器を導入することが可能なので、老朽化や陳腐化のリスクを回避できます。
また、それにより電気代のコストも削減することができますし、余分な費用が発生することもないのです。
ただ業務用エアコンのリースにもデメリットもあるので、両方をしっかりと理解して導入方法を検討する必要があります。