工事費用を含めた業務用エアコンを選ぶポイントは? - 業務用エアコン工事報告書

工事費用を含めた業務用エアコンを選ぶポイントは?

業務用エアコンの導入を検討しようとしても、一般の家庭用エアコンと比較して情報が少ないのでなかなか難しいです。
また業務用エアコンは、導入する場所や業務内容によって馬力や形状など機種に違いがあるので、導入する機種を選択する際に困ってしまうことも少なくないです。
それから選ぶ種類などによって工事費用も変わってくるので、工事費用のことも考えて導入するエアコンを選ばなくてはなりません。

では工事費用も含めてどのようなポイントを意識して導入する業務用エアコンを選択したらいいのでしょうか?
ポイントのひとつめは使用する電源の種類で、それによって選択可能な馬力が変わってきますし、電気工事など業務用エアコンの工事費用にも影響してきます。
業務用エアコンを設置する際に使用される電源は、一般的に単相200Vの電源か三相200Vの電源かのどちらかひとつで、どちらを使用するのかを最初に決めておく必要があります。
長時間エアコンを使用することがない場合、店舗面積が狭い場合、テナントなどの関係により三相200Vの電源を選べない場合に、一般家庭でも使用可能な単相200Vがおすすめです。
また逆に、使用時間が長いと予想される場合や馬力の大きいエアコンを選ぶ場合には、三相200Vの電源の方がおすすめです。

2つ目のポイントは業務用エアコンのタイプを選ぶことで、一般的に天井埋め込み型・天井吊型・床置型・壁掛型の4種類に分類されます。
業務用エアコンのタイプによって特徴が違いますし工事費用にも違いが出てくるので、予算などを考えて選ぶ必要があります。
ちなみに、天井埋め込み型の業務用エアコンはコスト・レイアウト面でメリットが多いので、70%以上に採用されて広く普及しています。

3つ目のポイントは馬力を選ぶことで、この馬力と言うのはエアコンの能力を表す単位として使われています。
必要となる能力を考える時には、使用する場所の広さと業務内容の2つを考慮して、適切な冷暖房能力を発揮できるようにする必要があります。